樹と幹と

大功建設 専務 大瀧浩司のブログ。家のこと、木のこと、子どものこと・・・日々の想いをつづります。

興津川木の家プロジェクト@柱搬入

静岡市清水区高橋南町の現場(興津川木の家プロジェクト)は、基礎工事が完了し、外部給排水管の敷設工事も終わり、現在土台、大引き、根太、床下地工事が進捗しています。来週の上棟に向けて、先行して柱や梁が現場に搬入されてきました。



土台や柱で使われている材木は、先日お施主様と興津川の上流まで行って伐採されるところを見学してきたものが製材され、プレカットされたものです。切り倒された丸太が運ばれた製材所にもお施主様に同行していただき、製材される工程も確認していただいております。

t02200147_0750050012584251649_R IMG_9044_R

 

山主さんから山の木を任された木こりのソマウッドさん、丸太が運ばれ製材していただいた影山木材さん、製材された丸太を加工していただいたマルダイさん、この木の流れに携わる全ての人ともBBQを通じてお施主様との関わりを深めて頂きました。

IMG_8916_R

 

柱や土台には、この皆さんの想いが詰まっています。ただ単に材木が来て家を建てるだけでなく、山の人からお施主様までの人の繋がりでもあります。

 

来週はいよいよ上棟です。皆様の想いをしっかりと受け止めて、想いの詰まった家づくりを進めたいと思います。