樹と幹と

大功建設 専務 大瀧浩司のブログ。家のこと、木のこと、子どものこと・・・日々の想いをつづります。

こそっと構造見学会開催!!

昨日の日曜日、家づくりにおいてパワーチームを組んでいる(株)ソマウッドの久米さんのお声掛けにより、構造見学会を開催させていただきました。一般的なご案内は全くしておりませんでしたが、口コミで4組の方々にお越しいただきました。

 

 

現場の進捗は、断熱工事と気密測定が終了し、外部の外壁工事、内部の天井工事が進行中な状態。

構造見学会を行うためには最適な状況だったかと思います。


 

 

☑ なぜ充填断熱ではなく外貼り断熱しか行わないのか!?

☑ なぜ地元静岡県産の無垢の木しか構造に使わないのか!?

☑ なぜお施主様と山に大黒柱を伐りに行くのか!?

☑ なぜ樹脂サッシしか使わないのか!?

☑ なぜ第一種換気を使わないのか!!?

☑ なぜ気密性能を高めなければならないのか!?

☑ なぜ外は雨でムシムシしているのに、室内は快適なのか!?

☑ なぜ梁に切り欠きが施されているのか!?

☑ なぜ特殊な金物が使われているのか!?

☑ なぜ床下の状態を点検することが重要なのか!?




 

 

大功の家の家づくりには、全て理由があり、ストーリーがあります。

参加された皆様は、上記の「なぜ?」をご理解いただけたことと思います。

予定時間を大幅に超過してしまい、スミマセンでした。。。。

 

 

完成してからでは、上記の「なぜ?」の回答の説得力が無くなります。

また、他社との違いも伝えられません。

 

 

住宅を建設される皆様は、

耐震とか、どこの会社も普通にちゃんとしているでしょ?

省エネ・断熱とか、良くわからないけど、困らないようにはしてくれているでしょ?

メンテナンスとか、普通にしてくれるでしょ?

 

 

と、何となく大丈夫だと思っているかもしれませんが、大丈夫じゃないんですよ。

 

 

皆さんご存知でしたか?

省エネ・断熱に関しての現場検査が無いということを。

図面だけのチェックで、長期優良住宅ですね!!と役所が認めているということを!!

 

 

だから現場の状況の確認が必要なのです。

構造見学会で、施工状況を見て頂くことが重要なのです。

プロの同業者の方々も、大歓迎です。

 

 

いつでも現場はご案内いたしますので、見学をご希望される方のご連絡をお待ちしております。

 

足元の悪い中、ご参加された皆様、ありがとうございました。