樹と幹と

大功建設 専務 大瀧浩司のブログ。家のこと、木のこと、子どものこと・・・日々の想いをつづります。

ご無沙汰しておりました。

気が付けば1年以上投稿しておりませんでしたね。。。

お客様からは「どうしちゃったの?」と、お声かけ頂いておりましたが、ただただ仕事がテンパっていただけで、元気に過ごしております。

今年、来年と、お仕事の依頼を頂いておりまして、現状の仕事と合わせて忙しくさせて頂いておりますが、やはりお伝えすべきことはしっかりとお伝えすべきと思いまして、また投稿を続けていこうと思っております。

 

 

何からお伝えしていこうかと考えたところ、やはり現状の報告をさせて頂こうかと思います。

 

只今、清水区宮加三と清水区堀込で新築工事が2棟、葵区沓谷にて増築工事が1棟、着工している状況です。堀込と沓谷が私の担当で、宮加三は社長が担当しておりますので、私の担当現場を少しご紹介します。

 

 

先ずは沓谷の増築現場。

こちらは母屋は当社の施工ではないのですが、増築部の工事をやらせていただくことになりました。母屋の裏側のスペースに、寝室とリビングとクローゼット、トイレと洗面が備わったコンパクトな間取りとなっております。


 

高さの設定が難しかったのですが、何とか収まり、これから造園工事に移っていきます。完成までもう少し!!



 

 

新築の堀込の現場は、お施主様と山に行き、大黒柱となりそうな木を選定してご自身で伐って頂いた現場です。


 

 

先日、その木が搬入されてリビングの大空間を形成している梁をしっかりと支えております。


 

 

現在、屋根の防水工事まで終了し、外部の耐力壁工事~外貼り断熱工事に移っていきます。断熱工事が終了すると、外が滅茶苦茶暑くても現場に入ると洞窟にいるかのようなヒンヤリとした不思議な体験ができるタイミングです。体験したい!!という方、私までご連絡くださいね!!

 

 

という感じで、色々とまた投稿していきたいと思いますので、宜しくお願いします。