樹と幹と

大功建設 専務 大瀧浩司のブログ。家のこと、木のこと、子どものこと・・・日々の想いをつづります。

祝☆上棟@たかはしの家

先日、静岡市清水区高橋四丁目の現場の「高橋の家」が上棟しました。30数坪の土地に、30坪くらいのコンパクトな間取りで、30代が住む、土地込み3000万円台の家というコンセプトで計画したお宅です。そして断熱性能をこれまでの大功の家よりもさらにアップさせ、冷暖房&換気システムも一新し、かなり省エネ性能もアップした家となっております。

 

長期優良住宅の耐震等級3は当たり前、BELS☆☆☆☆☆で省エネ性能のお墨付き!! 地元静岡市の木を中心に静岡県内産の木材の使用に拘り、何といってもお施主様ご家族で山に行き、選んでいただいた木を切り倒して大黒柱として使用したという、単純に地元の木という訳では有りません。

 

7寸の大きさの丸太の大黒柱を予定しているので、これくらいの大きさで・・・と偉そうにレクチャーしている私・・・


 

山でご夫婦で、大きさ、枝ぶり、真っすぐさなどを話し合い、これだ!!という木を選んで頂きました。


 

木こりのソマウッドの久米さんにご協力いただき、トラブルもありましたが(笑)、何とか力を合わせて切り倒しました。今まで何となく家づくりが始まるのかな~と思っていたお施主様も、一気に家づくりモードのスイッチが入ったようです。


 

そんな想いがこもった大黒柱が山を下って現場に運ばれて、無事に上棟を迎えることが出来ました。丸太の大黒柱、1FのLDKと2Fのホールに、どーんと家を支えて立っております。


 

来月に見学会を予定しておりますので、皆さんお楽しみにして下さい。ご連絡いただければ、いつでもご案内いたしますよ。私が静岡にいれば・・・