樹と幹と

大功建設 専務 大瀧浩司のブログ。家のこと、木のこと、子どものこと・・・日々の想いをつづります。

地盤調査 「村松原の三世代住宅」・・・その1

会社から徒歩圏内の非常に近い場所の村松原三丁目で、新しい大功の家の工事が始まります。家のプランがほぼ固まり配置計画も決まったので、地盤の良し悪しを判定するための地盤調査を行いました。



 

お施主様が土地探しで悩まれていた時に、地盤調査会社から近隣の地盤データを取り寄せて、地盤の状態が良さそうだったこちらの土地をご紹介したのが私だけに、今回の地盤調査の結果が悪かったらどうしようという不安で実はいっぱいでした。しかもお施主様立会での地盤調査(汗)・・・

2016-02-12 13.49.37_R

 

スウェーデン式サウンディング試験という、試験ロッドを地盤の中に回転しながら挿入して地盤の抵抗性を判定する方法で調査したのですが、結果は直ぐに分かりました。打撃をしないとロッドが入らない!! 私の予測通り十分安定した地盤でした。

 

これから長期優良住宅の認定取得や確認申請の手続きを進め、早ければ3月には着工していく予定です。階層で分けた二世帯住宅で、キッチンやトイレや浴室がそれぞれ2つ取り付けられるため、今年度の補正予算にて加わった三世代住宅の補助金や、静岡県の地域材を活用したことによる補助金を使うことが出来ます。詳しくはお問い合わせください。

 

太陽光発電設備も搭載するのでゼロエネルギー住宅も検討したのですが、Ua値はZEH基準をクリアーできたのですが、LDKの面積が大きすぎて一次エネルギー消費量が見かけ大きくなってしまい断念・・・十分ハイスペックなのですが・・・

 

またこちらのブログにて進捗状況をお知らせしていきますのでお楽しみにして下さい!!