樹と幹と

大功建設 専務 大瀧浩司のブログ。家のこと、木のこと、子どものこと・・・日々の想いをつづります。

祝上棟 「羽鳥の家」・・・その7

年末の繁忙期と生コンミキサー車の小型車指定という現場条件が重なってしまい、予定していた上棟日からずれてしまいましたが、先日の日の良い大安の日に無事に上棟することが出来ました。



 

地縄を張った状態をお施主様に確認してもらった時には、とても小さな家に感じられたようですが、段々と家の形が出来上がっていくにつれ、家の大きさに驚かれていました。お施主様の100%が同じ感想、不思議ですね!!

 

お施主様と数か月前に切り出しに行った桧の大黒柱が、7寸角(21㎝×21㎝)に製材されて無事に納まりました。リビングの真ん中の吹き抜けに絡んだ位置だけに、やはり存在感抜群です。4面化粧仕上げなのでまだ養生したままですが、早く木の表情が見たいところです。

2015-12-17 13.16.40_R 2015-12-17 13.15.55_R

 

「羽鳥の家」は真壁仕上げといって、柱を隠してしまうのではなく仕上げに見せる仕上げで、梁桁も殆ど化粧で見えます。見える木のほぼ全てが静岡県内、静岡市内の材料です。屋根の上から見えるこの山々の奥から切り出された木で、何か山と家が繋がっているような感覚になるのは私だけでしょうか?

2015-12-19 14.07.33_R 2015-12-19 14.07.36_R

 

地元の木をふんだんに使用し、性能の高い家なので、家づくりにおける色々な恩恵が受けられます。

① 長期優良住宅で税制優遇有り。住宅履歴も完備されているので家の資産価値の向上の一因に。

② 耐震等級最高ランクの3で地震にも安心。保険の割引もあり。

③ 富士山木造住宅協会が国に提案した地域型住宅グリーン化事業の仕様で110万円の補助が受けられました。

④ 静岡市産材プレゼント制度を活用し、30万円分の柱・土台をプレゼントして頂きました。

⑤ 静岡市産材プレゼント制度を活用し、10万円分の内装材をプレゼントして頂きます。

⑥ しずおか優良木材支援制度を活用し、21万円の補助が受けられました。

 

安い外国の木を使う事でコストダウンは可能ですが、どこの物か判らない材料で、シロアリのリスクを背負いながら、シロアリの薬をベタベタ塗り付けた柱の家でその空気を吸って暮らすよりも、安心できる地元の木で、木の香りを楽しみながら健康に暮らす生活を私はお客様に勧めたい。

 

現場の近くに行くだけで、桧の良い香りが漂っています。

 

家づくりは壁の中が命です。構造見学会を来年予定しておりますが、随時現場の見学は受け付けております。ご希望される方は何時でもご案内いたしますのでご連絡ください。

 

M様、上棟おめでとうございました。これからも楽しく家づくりを進めていきましょうね^^